ヘアケアにまつわる話Q&A3

女性の薄毛に育毛トリビア > ヘアケアにまつわる話 3

ブラッシングの正しい方法を教えてください。
最初に毛先のもつれをほぐした後、真ん中あたりの髪の毛、そして髪の毛の根元という順番でブラッシングしていきます。その順番でブラッシングをすると、髪の毛の表面の汚れを落とし、頭皮の汚れやフケを取り除き、皮脂を毛先まで行き渡らせることができます。木や豚などの材質、目の粗さ、マイナスイオンを発生する機能など、さまざまなブラシがあるので、髪質や頭皮の状態などに合わせてブラシを選んでください。
プールに入った後、髪の毛がゴワゴワするのは何故ですか?
塩素を含んだプールの水によって、髪の毛のキューティクルが剥がれるためです。このため、髪の毛の内部のタンパク質が流失し、髪の毛がゴワゴワした感じになります。プールに入ると、髪の毛を拭いたり、摩擦したりする機会が増えるため、切れ毛、パサつきなども起こりやすくなります。
髪を結ぶと、髪の毛が伸びるスピードが早くなるというのは本当ですか?
髪の毛を結んでも、伸びるスピードは変わりません。結び方によっては、髪の毛が抜けてしまう原因になります。ポニーテールやひっつめ髪などのように、髪の毛を強く引っ張るようなヘアスタイルはできるだけ避けましょう。毛根への負担が大きく、血行不良を引き起こしたり、毛母細胞を傷つけたりする場合があります。ロングヘアの場合は、髪の毛そのものの重みで、毛根が引っ張られている状態になるので、薄毛の悩みをお持ちの方は控えたほうが良いでしょう。髪の毛を短くすると、毛根への負担は軽減されますが、薄毛が目立ってしまうということであれば、適度な長さに伸ばしてください。
ブラッシングの回数は多いほうが良いのですか?
ブラッシングによって頭皮に適度な刺激を与えることは、育毛や薄毛予防に効果的です。しかし、あくまでも適度なブラッシングが効果を生むのであって、やり過ぎは逆効果です。ブラッシングをし過ぎると、髪の毛とブラシの摩擦の影響でキューティクルを傷めます。ヘアクリームやスプレーを使えば、摩擦を軽減することが可能です。ブラッシングの際には、毛先のもつれをほぐし、真ん中、髪の毛の根元という順で、ゆっくりと行いましょう。
シャンプーやドライヤーの適温を教えてください。
シャンプーをする際のお湯の温度は、40℃くらいがおすすめです。髪の毛をつくるタンパク質は熱に弱いため、高温は避けましょう。同じく、ドライヤーの熱風も直接、長時間あてるのは良くありません。
Q&A
育毛講座トップ(育毛講座カリキュラム)

リリィジュが初めての方へ 送料無料

既に試された方へ

まずは気軽に試してみたい方に… 薬用リリィジュお試しセット
リリィジュ20mL(約8日分)、女性のための育毛読本、薬用ふわ髪シャンプー(10mL×5包)、ふわ髪トリートメント(10g×5包)
2,300円相当がお試し価格 500円(税込)

お試しセットの中身をチェック!

「すぐに始めてじっくり体験してみたい」という方に… リリィジュ得々セット+お試しセットプレゼント
リリィジュ45mL(約18日分)、+薬用リリィジュお試しセットプレゼント
全額返金保証付き 2,980円(税込)

全額返金保証制度とは?

「薬用リリィジュお試しセット(500円)」「リリィジュ得々セット リリィジュ45mL+お試しセットプレゼント(3,066円)」は、
初めてリリィジュをご利用になる場合、1ご家族様につきどちらか1セットのみご注文可能です。
上記どちらかの商品を既にご利用されたお客様は、こちらよりレギュラー商品のご注文受付を承ります。

ページトップへ