ご利用ガイド
ウェルベストとは

自然素材にこだわり、徹底して研究する。
研究開発、原料選び、製造、販売、ご相談まで
一貫して、ウェルベスト品質。

ウェルベストという言葉には「人々にとって最高に健康で幸せな生活を目指し、確かな研究開発力に基づく商品・サービスの提供に最善を尽くしていく」という意味を込めています。自然素材を丹念に研究し、安全性と有用性が認められたものを製品化する、そしてお客さまに寄り添いながらご相談・販売に応じる。
ぜひこの機会に「ウェルベスト」ならではのこだわりを実感してください。

01昔から体によいと伝わるものを。
自然の力と暮らしの知恵を活かす。

古来から体に良いと伝わるものは、自然にあるものがほとんどです。「疲れた時には、にんにくを食べよ」とはよく聞く話。ウェルベストは漢方薬としても重宝されているにんにくが創業の原点です。
1967年、京都市立京都衛生研究所・藤原博士の指導を受け、にんにくの液状化に日本で初めて成功。医薬部外品としての入浴剤、健康食品などにこの技術を発展させ、健康総合メーカーとしての地歩を築きました。基本にあるのは、健康をサポートする自然素材との出会い、そして素晴らしい科学との出会いなのです。

02手間と時間がかかる「自然を研究する」こと。
それこそが私たちのこだわり。

基礎研究から新製品開発、品質管理までを担当する自社研究所。ここでは、自然の素材が持つ、未知なる可能性と潜在力を、最先端の科学技術で探求していきます。
これまでに、にんにく、カイアポイモ、桐葉、桑白皮などをテーマとして研究。幾年もかけて慎重に研究開発されたこれらの成分は、臨床検査などを経て、健康食品や医薬部外品として製品化しています。また、研究所では、製品化後もさらに安心してお使いいただけるよう、安全性の追求を行っています。

03第三者による厳しい評価。
研究所の成果は、世界の学会で発表。

研究所の成果は、第三者により厳しく評価されています。日本薬学会、日本糖尿病学会などでの学会発表に加え、武庫川女子大学、香川大学、名古屋大学、近畿中国四国農業研究センターなど、産学官の枠を超えた共同研究も実施しています。
特にカイアポイモについては1997年よりウィーン大学において臨床研究が行われ、その結果はアメリカ糖尿病学会、ヨーロッパ糖尿病学会でも発表されました。この学会発表は、毎日新聞、産経新聞ほか全国の地方紙で取り上げられています。ウィーン大学での臨床試験は、床例を拡大し、現在も続けられています

04元気な暮らしの応援紙「すこやか」。
健康に役立つ情報をお送りしています。

健康は、生活習慣と大きく関係しています。ウェルベストでは、健康に役立つさまざまな情報を集約した情報誌『すこやか』をお届けしています。
季節に合わせた健康情報や料理の献立、有名人のコラム、医師からの健康アドバイスなど、毎日の暮らしの中でお役立てください。

05おひとりおひとりに、ご満足を。
私たちはお客様の声を直接お聞きし、製品をお届けしています。

ウェルベストでは、お客様のご意見、ご要望、お悩みを直接お聞きし、より良い商品づくりに反映させる大切さを理解しています。
お客様との対話の中で、心を交わしながら通信販売を続けることで、みなさまの健康の先に訪れる「幸せな生活」を見つめていきたいと考えております。

ご利用ガイドに戻る